About Template

共有テンプレート一覧はこちら

OK

  • カスタマイズ
  • 素材の入れ替え

NG

  • 素材及びテンプレートの再配布
  • 著作権表記及びリンクの削除、改変
  • アダルト・違法・宗教関連のサイトでの使用
  • fc2ブログ利用規約の禁止行為に該当するサイトでの使用

詳細は「テンプレートの利用について」をご覧ください。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

「仮面ライダー」幕切れ、続きは映画なんて…

S.I.C. VOL.51仮面ライダーディケイド

「仮面ライダー」幕切れ、続きは映画なんて…(YAHOO!ニュース)

これ、なんてディケイド?と思って記事を開いたら、本当にディケイドのことでびっくり。ディケイドをご覧になっていた大きなお兄さんお姉さんなら当然わかっていると思いますが、例の最終回の件ですよ。我が家の子供たちもポカーンでした。

テレビ朝日が8月30日に放送した特撮番組「仮面ライダーディケイド」の最終回で、本編終了直後に同作品の映画告知を続けて放送したことについて、同社の早河洋社長は、29日の定例会見で「表現方法として不適切だった」と発言した。

 最終回は、戦闘シーンの途中で番組が終了。その直後に、「ライダー大戦は劇場へ」の字幕とともに、12月公開予定の映画の予告編が流された。

 「映画を見てもらうため、わざと最終回を中途半端な形で終わらせたのではないか」との声が上がり、放送界の第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の青少年委員会にも多数の批判が寄せられ、審議されていた。

 同社は今月21日、不適切な表現だったことを認め、本編と予告編の区切りをはっきりすべきだったとする回答を送り、同委員会は27日、これを了承していた。



BPOに意見が多数寄せられていたんですね。
2009年8月に視聴者から寄せられた意見BPO番組倫理・番組向上機構

•子ども向けの特撮番組で、最終回であるにもかかわらず物語の途中で終わり、結末は12月公開の劇場映画版に続くとのことだった。謎だったことは謎のままで終わってしまった。少なくとも一般視聴者が思い浮かべる「最終回」とは、かけ離れていたと言わざるを得ない。基本的には子ども番組なのに、番組自体が「嘘」をついたことになるのではないか。


との意見がありました。

全くおっしゃるとおりで、子供のための番組というものを逸脱しているとしか思えませんでした。うちの子供たち、ディケイドがあれで終わりだなんて信じられなくて、何度も質問してましたもの。しかも、我が家のもよりの映画館では2ヶ月くらい遅れるんですが。一家で映画館に行くと軽く5000円は飛びますし。どうしても封切りと同時に見たければ、交通費かけて、6時間かけて大きな町に行って見ないとならないし。そもそも、いろいろな事情で映画館に行けない方もいらっしゃるでしょうし。と、不満点をあげたらキリが無いので終わり。

ところで、テレビ朝日の社長さんが不適切だったと言ったのは、「本編終了直後に同作品の映画告知を続けて放送したことについて」であり、「(テレビ朝日は)本編と予告編の区切りをはっきりすべきだったとする回答を(BPOに)送り、同委員会は27日、これを了承していた。」ということなんですが、そうなの?本編と映画予告を区切っておけば無問題なの?放送的には「区切ってあるからそういう意味ではない」って言い訳できるから、それでおkなの?

戦闘途中で番組終了 → 続きは映画で!

じゃなくて、

戦闘途中で番組終了 → CM → 続きは映画で!

ってことですか?


「映画を見てもらうため、わざと最終回を中途半端な形で終わらせたのではないか」との声が上がり


その答えとしての「区切りをはっきりすべき」なの?その問いに対する答えがそれなら、テストだと0点もらっちゃうかもねー。
逆に考えると、もしかして映画は本当の最終回じゃない、ということなのか?区切りますよ、別物ですよーって。

現場で作っている方々は毎日一生懸命いいものにしようと頑張っていらっしゃったと思うのですよ。キャストのみなさんのブログを見ていても、ライダーに対する愛が伝わってくるわけです。こういう事態になって誰も得をしないのに、なぜこういうことになってしまうのかなぁ。

うん、全く自分勝手なつっこみでした。終わり。


W、見てますよもちろん。1話目はうーん、いまいち、なんて思っていましたが、最近楽しくなってきました。Wを見るたびにセンターマンを思い出す私ですが、アクションがやはり素晴らしいので、いつも見とれています。先週のダンスはすごかったー!高岩さん最高。


10/31追記
特撮ファンとして書いておきたい読売新聞・鈴木美潮のdonna
こちらでも取り上げてくださってましたね。

・そんな露骨な商業主義が許されるのか。商売である以上、映画館に人を引っ張る仕掛けを作るのは構わないし、映画館で「テレビ以上」を見せるのもいい。しかし、テレビはテレビで完結させてこそ、ではないか。

・テレビを見ている子供たち全員が映画館に行けるとは限らない。経済的な事情や家庭の事情、あるいは健康上の理由で、テレビを見ることだけが楽しみという子供のことを、考えたことがあるのだろうか。そういう「弱者」を切り捨てると言うなら、仮面ライダーを名乗ってほしくない。


ああもうおっしゃるとおりでございます。全く同感。
特撮ヒーロー作戦!さんもおっしゃってますが、東映さんの方からも何かアナウンスないんでしょうかね。実際作っているのは東映さんじゃないかしら。


関連記事

スポンサーリンク

trackback

comment

コメントする

Secret


Profile

Neriko

Author:Neriko
遊ぶべ!道南探検隊

本サイトは「遊ぶべ!道南探検隊」

はこだて・こどもずかん

→ もっと詳しく

最新記事のRSS

Entry+Comment

Tag+Search


Sponsor

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Link

QRcode

QR

Mailform

Name:
Email:
Title:
Message:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。