About Template

共有テンプレート一覧はこちら

OK

  • カスタマイズ
  • 素材の入れ替え

NG

  • 素材及びテンプレートの再配布
  • 著作権表記及びリンクの削除、改変
  • アダルト・違法・宗教関連のサイトでの使用
  • fc2ブログ利用規約の禁止行為に該当するサイトでの使用

詳細は「テンプレートの利用について」をご覧ください。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

先天性鼻涙管閉塞症

初おもちゃ

先日注文したおもちゃが届きました。
まだ自分で手を伸ばして掴むことはできませんが、
持たせてやると楽しそうにフリフリして、口であむあむ。
確かに軽くて簡単に持てました。


さて、その3ヶ月の息子ですが。
新生児の頃から、右目だけ目やにが多くて気になっていて、
1ヶ月健診時にお医者様に話したら、抗生物質の点眼薬を処方されて様子を見るようにとの診断でした。
しかし、その後も目やにが出たり出なかったり。
どうしても気になったので、先日眼科へ連れて行ったところ「先天性鼻涙管閉塞症」との診断。

抗生物質の点眼をしつつ、目頭のマッサージをして、2週間後にもう一度診察ということになっていました。
マッサージでよくなることもあるが、もし治っていなければ涙腺に針金を通して開通させると・・・。

・・・もう、そんなの考えただけでかわいそうで。
朝晩、マッサージし続けました。

でも、だめでした。開通していませんでした。


針金を通されたのですが、どうやら最も奥の難しい場所が原因のようで、
今回は通っていないだろうとのこと。
涙管が鼻に入る直前で少し斜めに曲がっていて、そこに針金が入りづらく、
無理に何度かやったりすると、涙管に穴が開くこともあるそうで。
泣き叫んでいる様子にいたたまれず、とてもつらい治療でした・・・。

また目薬&マッサージでしばらく様子を見て、通院です。

小さいうちは今回のように外来で簡単な手術を行うのですが、
多くの病院では1歳を越えたら麻酔をして行う、本格的な手術となるようです。
それまでに治ればよいのですが・・・。


3ヶ月健診で、小児科からは「粘り強く目薬をしていけば治りますよ。様子を見ましょう。」と言われていました。
確かに、それで治る子供は多いようです。
が、もし1歳になっても治らなければ、あの小さな体に麻酔をして手術です。
もう考えただけでも恐ろしい。

目やにが多い赤ちゃんは、早い時期に眼科を受診することをおすすめします。


眼科医による、先天性鼻涙管閉塞症に関する記事をリンクしておきますので、参考にしてください。


清澤眼科医院通信:64 先天性鼻涙管閉塞症


関連記事

スポンサーリンク

trackback

comment

コメントする

Secret


Profile

Neriko

Author:Neriko
遊ぶべ!道南探検隊

本サイトは「遊ぶべ!道南探検隊」

はこだて・こどもずかん

→ もっと詳しく

最新記事のRSS

Entry+Comment

Tag+Search


Sponsor

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Link

QRcode

QR

Mailform

Name:
Email:
Title:
Message:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。